スペシャルメニュー

2015 SE1 x アウスリーベ ジェラートケーキ 予約開始です!

 



すっかり恒例となりました、片瀬山のドイツ菓子店「アウスリーベ」曽根さんとのコラボジェラートケーキのご予約を開始します!(お知らせが遅くなりスミマセンっ)

アウスリーベ
http://www.ausliebe.net

アウスリーベのサクサクのタルト生地に、クリスマスらしいスパイス(シナモン、ナツメグなど)を加えたスパイスチョコジェラートを敷き詰め、その上には旬のキウイ、みかん、いちご、洋梨(ルレクチェ)をたっぷり使った濃厚フルーツソルベのキューブ、そしてアウスリーベのカリッとした食感のヘーゼルナッツのキャラメリゼをちりばめ、目にも鮮やかなクリスマスフルーツタルトに仕上げました。アクセントにアウスリーベのサンタさんシーリングスタンプビターチョコレートも添えられています。

販売価格:サイズ約18cm 3800円(税込)

2015年12月20日(土)から12月31日(木)までの期間限定販売
受け渡しはSE1店頭のみとなります(配送は不可)
受注製造となるため、お受け取り希望日の5日前までにご予約ください。
ご予約は本日からSE1店頭、もしくはこちらまでメール(クリックするとメーラーが立ち上がります)をお願いします。折り返しこちらから確認メールをお送りします。

みなさまのご予約、お待ちしております!

 

スペシャルメニュー

アップル・クランブル(apple crumble)

11月からはじまっていまーす!(2015年11月更新)

イギリスらしいブラムリーの愉しみ方を紹介しよう!ということで「アップル・クランブル」をはじめました。

アップル・クランブルとは、りんご(ブラムリー)の上にバター、小麦粉、アーモンドプードル、砂糖をすり混ぜた生地(クラム)をのせてオーブンで焼く素朴なイギリスの伝統菓子。あつあつのアップル・クランブルに冷たいアイスクリームや温かいカスタード、生クリームなど好みのもを添えていただきます。SE1ではもちろん、ブラウンスイスと一緒に召し上がっていただきます。

北海道から届いたブラムリーがなくなり次第、終了となります。
甘酸っぱいイギリスの味を、ぜひご賞味ください!(2010年11月4日)

SE1ナイト

9月12日(土)夜営業します!

龍口寺法難会に合わせ、明日12日(土)のみ夜営業します。
SE1ナイトのような特別メニューはございませんが、ピッツァのスペシャルメニューをご用意しております。
ぜひお立ち寄りくださーい!

龍口寺法難会についてはこちらでご確認を
http://ryukoji.jp/02histry.html

日にち:9月12日(土)
時間:昼営業からノンストップで22時くらいまで(22時以降は要確認)
場所:The Market SE1
 
SE1ナイト

真夏のSE1ナイト

なななんと、約9ヶ月ぶりのSE1ナイト!
今年も龍の口 竹灯篭に合わせ、夜営業をします。
モヒートに合うおいしい食事を揃え、皆さまのお越しをお待ちしております。


龍の口 竹灯篭
http://www.fujisawa-kanko.jp/event/taketourou.html

 

日にち:8月1日(土)
時間:昼間営業からノンストップで22時くらいまで(22時以降は要確認)
場所:The Market SE1

メディア

2015 掲載いろいろ

<テレビ>

4月11日(土)テレビ東京「アド街ック天国」にて紹介していただきました。
マイナー店のうちが15位と大健闘!ありがとうございます。
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/backnumber/20150411/

<本>



<雑誌>



<新聞>

3月7日(土)読売新聞 夕刊 コラム「ぶらり食記」にてフィッシュ&チップスを紹介していただきました。
YOMIURI ONLINE でも読むことができます。

ぶらり食記
からり 地魚・男爵イモ
http://www.yomiuri.co.jp/otona/drink/burari/20150307-OYT8T50051.html


<フリーペーパー>



東京の地下鉄で配布している「メトロミニッツ No.150」にてご紹介いただきました。
ジェラートとフィッシュ&チップス、そしてスパークリングワイン!
江ノ電を眺めながら気持ち良さそうです。

Metro min. No.150
http://www.metromin.net/


小田急線沿線で配布しているフリーマガジン「小田急で湘南へ」にてご紹介いただきました。
表紙右上のかわいらしいジェラートが目印です。

小田急へ湘南へ
http://www.odakyu.jp/guide/shonan/

イベント

第7回 神奈川・横浜グルメフェスティバル@横浜そごう

毎年恒例の「第7回 神奈川・横浜グルメフェスティバル@横浜そごう」に出店します!

気がつけば今年で6回目の出店。よくここまで続けてこれたなぁと感慨深いです。
まだまだひよっこだったわたしたちを選んでくれた横浜ウォーカーさんに感謝しつつ、今年も楽しみたいと思っています!
今年は春休み期間中とうこともあり、お子さま連れで賑わうのではないかと今からワクワクしています。

第7回 神奈川・横浜グルメフェスティバル

場所:横浜そごう 8階催事場
期間:2015年4月1日(水)から7日(火)まで
時間:10時から20時まで(最終日は17時閉場)

3月30日(月)から4月8日(水)9日(木)までThe Market SE1(店舗)イグル氷菓(ラボ)ともにお休みとなりますのでご注意ください。

今年もそごう限定フレーバー「湘南ゴールド」(ジェラート)やります!
イグルのアイスキャンディーもたくさん持っていきますヨ。

みなさまのお越しをお待ちしております!

横浜そごう
https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/

店主&ウラ
 
イベント

SUPPER CLUB NO.018 | ENGLISH PUB


今年も A&S x イグル氷菓 のコラボアイスキャンディーでお世話になった南青山の DOWN THE STAIRS で1日限りのイベントを開催します!

昨年は雪でお足元の悪い中、たくさんの方が食べに来てくださいました。ありがとうございます!今年はもう雪はこりごりということでイベントを3月へ移動、夜だけでなくお昼のランチからゆっくりとお楽しみいただけます。皆さま、ぜひ遊びにいらしてください!

ARTS & SCIENCE
http://www.arts-science.com/

SUPPER CLUB NO.018 | ENGLISH PUB
http://www.arts-science.com/food/2015/02/28/supper_club_no018_english_pub_2015.html
 

お知らせ

2015年度 アルバイト募集

イグル氷菓、The Market SE1では一緒に働いてくれるアルバイトを募集しています!

募集:

1 )横浜そごうでの催事
2 )イグル氷菓での製造、接客(The Market SE1も含む)

期間:

1 )4月上旬(約1週間)
2 )4月から10月上旬まで(土、日、祝日出勤できる方)

時給:

1 )950円
2 )900円から950円(試用期間あり)

経験、年齢、性別は問いません。
体力に自信があり、笑顔で接客できる方を求めています。
掛け持ちバイトも可能。スケジュールの相談にものりますので、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせは新(あたらし)までメールをお願いします。
info@iglu-ice.jp(コピー&ペーストしてください)
 
営業時間

年末年始の営業について

今年の大晦日SE1ナイト(年越しそば)の開催は見送りになりました。
楽しみにしていた皆さま、ごめんなさい。
その代わり、元旦は9時からお雑煮を用意してお待ちしております!

年末年始の営業は下記の通りです。
営業時間に一部変更のある日もございますので、ご確認の上、ご来店くださいませ。

2014年

12月30日まで通常営業(11時から18時)
12月31日(水):11時から17時(例年より短いです。ご注意を!)

2015年

1月1日(木):9時から16時ごろまで
1月2日(金):10時から16時ごろまで
1月3日(土)10時から16時ごろまで
1月4日(日)10時から16時ごろまで
1月5日(月):お休み
1月6日(火):お休み

イグル氷菓は1月と2月の2ヶ月間、冬眠に入ります。

皆さま、よい年末年始をお過ごしください。

店主&ウラ
スペシャルメニュー

日本の素材でイギリスのフィッシュ&チップス


半年ぶりにフィッシュ&チップス再開しています!
確実に召し上がりたい方は、必ず来店前に電話確認をお願いします。(2014年12月更新)


イギリスで暮らしていたと話すと、必ず聞かれることがある。

「ご飯、まずいんでしょ?」

美味しいといわれる日本にもフランスにも不味いお店があるのと一緒で、不味いといわれてるイギリスにだって美味しい店は存在する。「さぁ、外食にでも行くか!」となっても、チョイスが少ないというだけだ。

日本へ帰国してからイギリスのように美味しいお店探しにさして苦労はしなくなった。だが「フィッシュ&チップス食べたいなぁ」となるとそれは別だ。一軒目、違う、じゃ二軒目を探して行ってみると、これも違う。どこも違う。普通に美味しいけど、確実にイギリスのそれとは違うのだ。

一番大きな原因は粉にあると思う。あのイギリスの美味しくない粉が、フィッシュ&チップスにするとなぜか美味い。地の魚に地の小麦粉と地ビールがきっちり合うようになってるとは、うまくできているものだ。

そしてもう一つ大切なのがレシピ。フィッシュ&チップスは天ぷらでもなければ、フライでもないし、フリッターでもない。だからフィッシュ&チップスにただの魚のフライらしきものが出て来ると、普通に美味しくても気分がかなり落ちてしまう。フィッシュ&チップスを食べに来たのに!と。

だったら日本の風土に合ったイギリスらしいフィッシュ&チップスを作ろう。そんなコンセプトではじめてみました。レシピはイギリスのものと何ら変わりないシンプルなもの。ただ、使う素材は国産の生タラ、国産の小麦粉に炭酸水、そして下ごしらえにちょっとしたひと手間を加えたことで美味しく仕上げています。日本にはイギリスらしいチップスが見つからなかったため、使うじゃがいもは北海道産の何種類ものなかから選び、冷凍食品を使わず手作りしました。

イギリスではフィッシュ&チップスにモルトヴィネガーをじゃぶじゃぶ掛けて食べますが、食べ慣れない方のために自家製タルタルソースも一緒に添えています。タルタルソースは魚の半分に、残りの半分は店内に置いてあるSARSON'Sのモルトヴィネガーを掛けてお召し上がりください。モルトヴィネガーが苦手なお客さまにはレモンをご用意してますので遠慮なくお申し付けください。

フィッシュ&チップスはSE1の定番メニューにと温めてきましたが、キッチン環境などを考えるとなかなか踏み切れずにいました。現在、冬の閑散時期ということもあり、余裕がある日のみの提供となります。今後の登場予定はこちらのブログをご確認ください。

ここまで書いたのを読み返してみたら、何だか凄そうなフィッシュ&チップスのように感じるなぁ。いたってシンプルで普通のフィッシュ&チップスですので、予めご了承を。そしてジェラートもよろしくお願いします。

店主(2010年12月4日更新)